性別が偏る職場は心の健康が大事

男女平等社会になり、仕事にも男女雇用均等法が出来上がりました。
今まで男性だけだった職場や女性だけだった職場に異性が入り込む様になり、職場の雰囲気もがらりと変わりました。
しかし、仕事の役割はやはり女性は男性ほどに力仕事には向いてはいませんし、男性は女性ほどには一人一人の微妙な変化を見て取る仕事には向いてはいません。
仕事内容には個人差もありますが性差もあるのは事実です。
ですから力仕事や職人技術などは今でも男性が多いですし、看護師や介護士、保健士、航空機客室乗務員など、お客様や利用者の細やかな要望にこたえるような仕事は女性の仕事といえます。
女性が3人寄ればかしましいと言われますが、女性は噂話などが大好きな人が多いです。
芸能界など、自分たちがいる世界とはまったく関係のない話だけならいいのですが、より身近な噂話はさらに好きです。
そういった話をしている間に、そういった話が好きな人と苦手な人の間で溝ができたりしてしまい、人間関係が崩れて行ったりします。
通常の職場であれば、男性が混じっていると、どこかでストップがかかり、いじめなどには発展していかないのですが、女性が極端に多い職場ですと男性が混じっていても歯止めが利かず、いじめに発展していくことがあります。
女性の仕事場は人間関係が崩れるととたんに仕事するのもつらくなってしまうほどいじじめられることがあるのです。
それから逃れるには、いじめられても気にしないという強い精神力とストレスをうまく発散できる自分なりの方法を見つけること。もし、それでもストレスが溜まり不調になるようであれば転職もひとつの手ではないかと思います。今はよりよい待遇のところに転職することも多いと聞きます。1つの転機と考え、思い切って転職してみるのも良いのではないでしょうか。参考になりそうなサイトを貼っておきます。こちら>> 看護師がはじめて転職する上で気をつけること
女性が健康で元気に仕事をするには、体の健康管理はもちろんのこと、心の健康管理もしっかりと行うことが大切です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です